第17回「大学と科学」金属元素が拓く21世紀の新しい化学の世界
Aセッション●有機物でも無機物でもない第3の物質―金属錯体の優れた働き
さまざまな金属錯体の働きと金属錯体の化学研究の必要性
東北大学  伊藤  翼
金属錯体とは/さまざまな金属錯体とその働き/金属錯体の化学研究が目指すところ

金属錯体―未来への可能性
早稲田大学 松本 和子
白金ブルーの特徴/白金(供忘体と白金(検忘体の特徴/白金(掘忘体の特徴
白金錯体の応用/希土類の蛍光錯体の特徴/希土類蛍光錯体のバイオプローブ応用
これからの錯体化学

Bセッション●特別講演
体の中での金属元素のはたらき
京都薬科大学 桜井  弘
ミネラルとはなにか/金属元素は有害か/必須微量元素の発見の歴史
生命維持に、なぜ多種類の金属元素が必須か/人類が金属を発明してきた歴史
なぜ私たちは微量の金属で十分なのか/体内に含まれる金属イオン
歴史にみる病気治療の理念の変遷と薬剤/金属元素を使った化学療法の確立
金を使った薬剤/わが国で使用されている白金製剤/胃潰瘍薬
酵素作用をまねた化合物:エブセレン/糖尿病の分類と治療法
1 型糖尿病の治療薬の開発/経口投与で有効なインスリン様バナジウム錯体/

Cセッション●金属錯体が生み出す新しい磁石
磁石を金属錯体でつくる
九州大学 大川 尚士
はじめに/初期の磁性体設計研究/金属錯体磁性系の設計原理
ネットワークの次元性と磁気特性/どうして3 次元ネットワークの磁性体をつくるか
第2 世代分子磁性系の研究/加圧によるメタ磁性/フェロ磁性変換/磁気光学効果

分子1個で磁石
筑波大学 大塩 寛紀
磁石と人間/磁石とは/分子で磁石をつくるには/分子中のスピンをそろえる
単分子磁石の性質/まとめ

光で磁石をつくる
東京大学 橋本 和仁
はじめに:なぜ、光と磁性材料か/光磁石の設計に向けて
金属酸化物磁石と金属錯体磁石/金属錯体の設計例(NaxCoyFe(CN)6・zH2O)
双安定性と配位子場/金属錯体における磁気モーメントの温度依存性
光誘起相転移過程/構造柔軟性を求めて/新しい光磁性体の設計/おわりに
光とスピンの演ずる物質とは

光とスピンの演ずる物質とは
東京大学 小島 憲道
スピンクロスオーバー錯体の光誘起相転移
光誘起スピンクロスオーバー転移を示す金属錯体の開発
光誘起による長寿命高スピン状態の発現
1 次元スピンクロスオーバー錯体の構造とスピン転移
ナフィオンを用いた高次機能スピンクロスオーバー錯体膜の開発
混合原子価錯体/電荷移動相転移のメカニズム/ 2 次元集積型金属錯体への期待

Dセッション●21世紀は光の時代―錯体がささえる世界
光で機能する物質―高分子と錯体
東京工業大学 山本 隆一
はじめに:π高分子の導電性/π共役高分子金属錯体のエレクトロクロミズム
π共役高分子配位子とその金属錯体の合成/π共役高分子集積型錯体の合成
π共役高分子金属錯体の物性と機能/π共役高分子金属錯体の利用
エレクトロクロミズムの応用/高度光通信用材料/おわりに
光を加工する―非線形光学素子の開発に向けて

光を加工する―非線形光学素子の開発に向けて
東京都立大学 山下 正廣
非線形光学素子の開発指針/無機物と有機物による非線形光学材料の開発
バンド絶縁体とパイエルス絶縁体とモット絶縁体
強相関電子系ハロゲン架橋ニッケル(掘忘体の合成/ 1 次元系での励起状態
巨大な3 次非線形光学効果を示した原因
さらに巨大な3 次非線形光学効果を求めて/MMX型錯体の電子状態
[(C2H5)2NH2]4 [Pt2 (pop)4 I]の合成
[(C2H5)2NH2]4 [Pt2 (pop)4 I]の光誘起相転移/今後の展開

光に応える
近畿大学 宗像  惠
はじめに/ヴァイゲルト効果を利用した光スイッチング
ビスチエニルエテン系化合物のフォトクロミズム
ビスチエニルエテンを金属錯体にする意義/フォトクロミック銅(機忘体の合成
フォトクロミック1 次元銀(機忘体の合成
フォトクロミック2 次元銀(機忘体の合成/光スイッチング磁性錯体合成への挑戦
光誘導分子とりこみ錯体の合成/まとめ

Eセッション●ナノサイズで機能をうみだす
ナノサイズの空間を持つ錯体の驚異
京都大学 北川  進
配位高分子結晶/ナノサイズの空間/表面積効果/ナノ空間の構築
革新的なナノ孔物質−配位高分子/メタン吸蔵物質の開発
錯体でしかできない新しい機能・材料を求めて
柔軟で水素結合能をもつピラーを用いる/コバルト錯体で柔軟な層構造をつくる
ゲスト分子に対応する新しい多孔性錯体結晶/おわりに

ひとりでに組み上がる分子
東京大学 藤田  誠
自己組織化/自己組織化の駆動力/カテナンの自己組織化
配位結合カプセルの自己組織化/六面体のカプセル構造の自己組織化
ナノチューブ構造の自己組織化/球状組織体の構築
孤立ナノ空間における新反応/さらなる新現象に向けて/おわりに
水素の科学を担うナノ錯体

水素の科学を担うナノ錯体
九州大学 北川  宏
水素科学に基盤をおいた材料開発/水素吸蔵金属の特徴/化学吸着型水素吸蔵錯体
プロトン共役酸化還元特性/水素吸蔵錯体における水素の吸着状態
水素ドーピングによる金属化のメカニズム/プロトン伝導度の相対湿度依存性
ポリマーコート型金属ナノ粒子/むすび
生命の色素クロロフィルが演じるナノサイエンス

生命の色素クロロフィルが演じるナノサイエンス
東京都立大学 杉浦 健一
無機化学の楽しみ/金属は色素として古くから使われてきた
生命をつかさどる根源的な物質とは/基本骨格:ポルフィリン
ヘムが体内で合成される過程・その1 /ヘムが体内で合成される過程・その2
ナノサイエンス/まとめ

Fセッション●特別講演
21世紀の超伝導物質―MgB2
青山学院大学 秋光  純
物理学と化学の接近/超伝導とはなんだろう/ BCS 理論
BCS 理論による超伝導転移温度の壁/酸化物超伝導体/強相関電子の活用
秋光研究室超伝導体発見の歴史/ 2 次元CuO2 面をもたない超伝導体の探索
金属系超伝導体の探索/ MgB2 の構造/ MgB2 の対称性/ MgB2 の応用
おわりに

Gセッション●ナノテクノロジーと錯体
錯体分子の持つ論理・演算・記憶機能
中央大学 芳賀 正明
はじめに/情報変換におけるシリコン半導体と生体素子との比較
錯体を利用した分子ワイヤー/コネクタ:固体表面への接続
錯体分子のスイッチング機能/ pH 変化を外部信号とするプロトンゲート錯体
錯体分子での論理ゲート/分子メモリとしての提案例
分子セルラーオートマトン/まとめ

錯体から分子デバイスへ
東京大学 西原  寛
金属錯体系の分子素子材料/フェロセンの特徴/フェロセンの混合原子価特性
フォトクロミック錯体/レドックスによる光異性化の制御
多重機能をもつフォトクロミック錯体界面配列体の構築
ドナーアクセプター共役接合分子/まとめ

金属錯体から超伝導へ
理化学研究所 加藤 礼三
金属錯体系超伝導体/分子性導体の構成/分子性導体の特徴/ 2 次元伝導体
Pd(dmit)2 塩の電子構造/異方的圧力効果/まとめ