ホーム > 書籍のご案内 > 官衙と門 報告編
「古代官衙・集落研究会報告書」シリーズ

官衙と門 報告編


詳しい目次を見る
序文を読む
官衙と門 報告編
著者一覧 PDFサンプル 絶版
古代の官衙(役所・官庁の意)や集落を考える際、空間を区画する施設と、空間をつなぐ門は重要な要素である。これまで官衙・集落遺跡における遺構のなかでも体系的に取り上げた研究はほとんどなく、比較的地味な存在であった門に注目し、考古学・文献史学・建築史学各分野から総合的考察を加えた。報告編(本体価格2,500円、192頁)と資料編(本体価格4,600円、468頁)の2冊からなる。
資料編の詳細はこちらからご覧いただけます。

2011年1月12日の読売新聞朝刊にて、『官衙と門 報告編』、『官衙と門 資料編』が紹介されました。
判  型A4版並製・192 定  価2700 円
発 行 日2010.12.10 割引価格2430 円
編 著 者奈良文化財研究所 ISBN978-4-87805-115-9

書籍サンプル画像

目次

I.報 告
飛鳥・藤原地域における7世紀の門遺構―石神遺跡・飛鳥京跡・藤原宮跡などの調査事例―
 青木  敬
日本古代の都城における門形制の展開 井上 和人
古代奥羽の城柵・官衙の門と囲繞施設 村田 晃一
西海道官衙の門―北部九州の事例を中心として― 宮田 浩之
都城・官衙における門の建築 清水 重敦
文献からみた古代官衙の門の機能 山下信一郎
地方官衙と門 坂井 秀弥
居宅・館・集落と門 田中 広明
II. 討 議
付記 資料編目次(掲載図版目次付き)


このシリーズを探す

「古代官衙・集落研究会報告書」のシリーズを探す

官衙・集落と大甕
官衙・集落と大甕
地方官衙政庁域の変遷と特質 資料編
地方官衙政庁域の変遷と特質 資料編
地方官衙政庁域の変遷と特質 報告編
地方官衙政庁域の変遷と特質 報告編
郡庁域の空間構成
郡庁域の空間構成
官衙・集落と土器2―宮都・官衙・集落と土器―
官衙・集落と土器2―宮都・官衙・集落と土器―

関連書籍を探す

関連の書籍

ブレインサイエンス・レビュー  2020
ブレインサイエンス・レビュー 2020
官衙・集落と大甕
官衙・集落と大甕
子宮頸部細胞採取の手引き
子宮頸部細胞採取の手引き
アフロ・ユーラシアの考古植物学
アフロ・ユーラシアの考古植物学
ブレインサイエンス・レビュー  2019
ブレインサイエンス・レビュー 2019

新刊案内

新刊書籍

ブレインサイエンス・レビュー  2020
ブレインサイエンス・レビュー 2020
官衙・集落と大甕
官衙・集落と大甕
子宮頸部細胞採取の手引き
子宮頸部細胞採取の手引き
アフロ・ユーラシアの考古植物学
アフロ・ユーラシアの考古植物学
ブレインサイエンス・レビュー  2019
ブレインサイエンス・レビュー 2019

PAGE TOP