ホーム > 書籍のご案内 > 文化財の保存と修復 12−文化財のまもり手を育てる
「文化財の保存と修復」シリーズ

文化財の保存と修復 12−文化財のまもり手を育てる


詳しい目次を見る
序文を読む
文化財の保存と修復 12−文化財のまもり手を育てる
著者一覧 PDFサンプル 買い物カゴに入れる
文化財を社会全体でまもり、その活用への新しい道筋を切り拓くためにはまもり手としての市民が一つの大きな精神的柱となる。ボランティアから装こう技術者、学芸員、フランスの保存修復士までの「まもり手」の育成の事例を交えながら、これからの文化財保存・活用のあり方を探る。
判  型B5版変型・108 定  価1540 円
発 行 日2010.07.30 割引価格1386 円
編 著 者一般社団法人 文化財保存修復学会 ISBN978-4-87805-111-1

書籍サンプル画像
X線・CTスキャンによる阿修羅像の構造調査
買い物カゴに入れる
定 価 : 1540 円
割引価格 : 1386 円

目次

セッションI 基調講演
1. 人材養成にはたす博物館の役割 三輪 嘉六
2. 文化財保存教育40年 将来に向けて 沢田 正昭
セッションII 学校教育
1. 日本における学校教育の現状と課題  二宮 修治
2. 西欧における文化財保存のための高等教育 藤原 徹
セッションIII 社会教育
1. 東京国立博物館におけるインターン制度 インターンシップの未来 神庭 信幸
2. 伝統技術の継承と人材養成 岡 岩太郎
セッションIV パネルディスカッション 文化財のまもり手を育てるために


このシリーズを探す

「文化財の保存と修復」のシリーズを探す

文化財の保存と修復 15−日本における「西洋画」の保存修復
文化財の保存と修復 15−日本における「西洋画」の保存修復
文化財の保存と修復 14−災害から文化財をまもる
文化財の保存と修復 14−災害から文化財をまもる
文化財の保存と修復 13−みんぞく資料をまもる
文化財の保存と修復 13−みんぞく資料をまもる
文化財の保存と修復 12−文化財のまもり手を育てる
文化財の保存と修復 12−文化財のまもり手を育てる
文化財の保存と修復 11−文化財をまもる人たち
文化財の保存と修復 11−文化財をまもる人たち

関連書籍を探す

文化財関連の書籍

古代集落の構造と変遷1
古代集落の構造と変遷1
文化遺産の保存と活用  仕組と実際
文化遺産の保存と活用 仕組と実際
灯明皿と官衙・集落・寺院
灯明皿と官衙・集落・寺院
官衙・集落と大甕
官衙・集落と大甕
地方官衙政庁域の変遷と特質 資料編
地方官衙政庁域の変遷と特質 資料編

新刊案内

新刊書籍

古代集落の構造と変遷1
古代集落の構造と変遷1
文化遺産の保存と活用  仕組と実際
文化遺産の保存と活用 仕組と実際
灯明皿と官衙・集落・寺院
灯明皿と官衙・集落・寺院
ブレインサイエンス・レビュー  2020
ブレインサイエンス・レビュー 2020
官衙・集落と大甕
官衙・集落と大甕

PAGE TOP