ホーム > 書籍のご案内 > ブレインサイエンス・レビュー2011
「ブレインサイエンス・レビュー」シリーズ

ブレインサイエンス・レビュー2011


詳しい目次を見る
序文を読む
ブレインサイエンス・レビュー2011
著者一覧 PDFサンプル 買い物カゴに入れる
匂いやフェロモンの受容機構の解明に向けた東原和成氏(第23回塚原仲晃賞を受賞)「匂いやフェロモンの化学感覚と行動」をはじめ、2008年度の学術研究助成金を受けた若手脳科学者11名の優れたオリジナル論文を収載。今後の脳科学研究が求める技術開発は何か、新たな研究目標は何か、それを知るための貴重な1冊。
判  型A5版並製・246頁 定  価3080 円
発 行 日2011.03.10 割引価格2772 円
編 著 者(財)ブレインサイエンス振興財団 ISBN978-4-87805-116-6

書籍サンプル画像
成体マウス脳より採取した核の染色像(スケール:100μm、20μm)
買い物カゴに入れる
定 価 : 3080 円
割引価格 : 2772 円

目次

はじめに 伊藤 正男
序章 電子翻訳と科学誌の将来 川合 述史
シグナル分子の光制御技術と神経の形態形成 中田 隆夫
フローサイトメーターを用いた中枢神経の核ソーティング 岡田 誠司
細胞内外因子による神経幹細胞のアストロサイト分化制御機構 中島 欽一
小胞型ヌクレオチドトランスポーター(VNUT)の構造と機能 森山 芳則
小脳皮質形成メカニズムの解明をめざして:プルキンエ細胞の移動と配置の過程に関する新知見 宮田 卓樹
視床皮質軸索の枝分かれ形成の制御機構 山本 亘彦
匂いやフェロモンの化学感覚と行動 東原 和成
マウス低酸素- 脳虚血負荷後の神経細胞死の遺伝学的検討 小池 正人
社会性昆虫の仲間識別の神経基盤:アリの仲間識別感覚と一次中枢 尾崎まみこ
遺伝性パーキンソン病発症の分子基盤 今居 譲
ジストニアパーキンソニズムの分子病態 池田 啓子
ハンチントン病の新規治療ターゲットの解明 岩田 淳


このシリーズを探す

「ブレインサイエンス・レビュー」のシリーズを探す

ブレインサイエンス・レビュー  2020
ブレインサイエンス・レビュー 2020
ブレインサイエンス・レビュー  2019
ブレインサイエンス・レビュー 2019
ブレインサイエンス・レビュー  2018
ブレインサイエンス・レビュー 2018
ブレインサイエンス・レビュー  2017
ブレインサイエンス・レビュー 2017
ブレインサイエンス・レビュー2016
ブレインサイエンス・レビュー2016

関連書籍を探す

医学関連の書籍

ブレインサイエンス・レビュー  2020
ブレインサイエンス・レビュー 2020
子宮頸部細胞採取の手引き
子宮頸部細胞採取の手引き
ブレインサイエンス・レビュー  2019
ブレインサイエンス・レビュー 2019
ブレインサイエンス・レビュー  2018
ブレインサイエンス・レビュー 2018
下痢の細菌を追っかけて五〇年 それは腸炎ビブリオから始まった
下痢の細菌を追っかけて五〇年 それは腸炎ビブリオから始まった

新刊案内

新刊書籍

ブレインサイエンス・レビュー  2020
ブレインサイエンス・レビュー 2020
官衙・集落と大甕
官衙・集落と大甕
子宮頸部細胞採取の手引き
子宮頸部細胞採取の手引き
アフロ・ユーラシアの考古植物学
アフロ・ユーラシアの考古植物学
ブレインサイエンス・レビュー  2019
ブレインサイエンス・レビュー 2019

PAGE TOP