ホーム > 書籍のご案内 > 私と分子生物学
「ゲノム科学・生物学」シリーズ

私と分子生物学


詳しい目次を見る
序文を読む
私と分子生物学
著者一覧 PDFサンプル 買い物カゴに入れる
木原均先生を訪ね、「遺伝子は、これから遺伝子やその働きをモノのレベルで調べる時代になると思いますよ」との答えを礎に、分子生物学の胎動期の一翼を築いた、40年間の足跡と、ともに歩んだ研究者たちとの交流録。
判  型A5版並製・220 定  価2750 円
発 行 日2004.6.7 割引価格2500 円
編 著 者自然科学研究機構機構長 志村令郎 ISBN978-4-87805-037-4

書籍サンプル画像
左:がく片が雄しべに転換した変異体
右:がく片が葉に、花びらが雄しべのような構造ができたもの
買い物カゴに入れる
定 価 : 2750 円
割引価格 : 2500 円

目次

一 分子生物学の黎明期
二 芦田先生との出会いまで
三 ラトガース大学大学院へ
四 RNA研究の始まり
五 京都大学理学部生物物理学教室へ
六 教授就任からRNAスプライシングへの展開
七 シロイヌナズナの分子遺伝学的研究
八 病気→回復→退官
回  顧
隠居のたわごと
スウェーデンのこと


このシリーズを探す

「ゲノム科学・生物学」のシリーズを探す

アフロ・ユーラシアの考古植物学
アフロ・ユーラシアの考古植物学
下痢の細菌を追っかけて五〇年 それは腸炎ビブリオから始まった
下痢の細菌を追っかけて五〇年 それは腸炎ビブリオから始まった
科学者の冒険 クジラからシクリッド、シーラカンス、脳、闘魚……進化に迫る
科学者の冒険 クジラからシクリッド、シーラカンス、脳、闘魚……進化に迫る
感染症と病原体 敵を知り、制圧・撲滅でなく、賢く共生!
感染症と病原体 敵を知り、制圧・撲滅でなく、賢く共生!
虫から始まり虫で終わる
虫から始まり虫で終わる

関連書籍を探す

ゲノム関連の書籍

ブレインサイエンス・レビュー  2020
ブレインサイエンス・レビュー 2020
ブレインサイエンス・レビュー  2019
ブレインサイエンス・レビュー 2019
ブレインサイエンス・レビュー  2018
ブレインサイエンス・レビュー 2018
ブレインサイエンス・レビュー  2017
ブレインサイエンス・レビュー 2017
ブレインサイエンス・レビュー2016
ブレインサイエンス・レビュー2016

新刊案内

新刊書籍

ブレインサイエンス・レビュー  2020
ブレインサイエンス・レビュー 2020
官衙・集落と大甕
官衙・集落と大甕
子宮頸部細胞採取の手引き
子宮頸部細胞採取の手引き
アフロ・ユーラシアの考古植物学
アフロ・ユーラシアの考古植物学
ブレインサイエンス・レビュー  2019
ブレインサイエンス・レビュー 2019

PAGE TOP