ホーム > 書籍のご案内 > こころを育む脳の働き−育て、守る−2004世界脳週間の講演より−
「世界脳週間」シリーズ

こころを育む脳の働き−育て、守る−2004世界脳週間の講演より−


詳しい目次を見る
序文を読む
こころを育む脳の働き−育て、守る−2004世界脳週間の講演より−
著者一覧 PDFサンプル 買い物カゴに入れる
自閉症など、こころの問題の原因は何か。どうすれば治せるか。こんな疑問に患者さんを診ている医師をはじめとする研究者が、こころのもととなる脳の働きを通して解説する。
判  型B6判並製・272頁 定  価2750 円
発 行 日2005.04.30 割引価格2475 円
編 著 者脳の世紀推進会議/編 ISBN978-4-87805-056-5

書籍サンプル画像
免疫組織染色法によるJNK-2たんぱく質の発現
買い物カゴに入れる
定 価 : 2750 円
割引価格 : 2475 円

目次

I..脳とこころの発達
コミュニケーションの発達 石川 道子
乳幼児期の養育環境とこころの発達-分子精神医学という立場から 森信 繁
児童青年期の心理発達と、遺伝、環境 古川 壽亮
II.. 脳とこころを守る睡眠
脳のかたち、病のかたち―まだまだ分からない脳の不思議― 内原 俊記
脳の中の時計と睡眠の夢のような本当の話 粂 和彦
睡眠の仕組み‐いねむりするのにはわけがある‐ 本多 真
III.病から脳を守る
脳の老化を科学のメスで切る‐アルツハイマー病のなぞに取り組む 高島 明彦
パーキンソン病の原因と治療をめぐって 和田 圭司


このシリーズを探す

「世界脳週間」のシリーズを探す

こころの発達と病気−2013、2014世界脳週間の講演より−
こころの発達と病気−2013、2014世界脳週間の講演より−
脳の発達と育ち・環境−2007、2009世界脳週間の講演より−
脳の発達と育ち・環境−2007、2009世界脳週間の講演より−
こころの働きと病・覚醒剤−2007〜2009世界脳週間の講演より−
こころの働きと病・覚醒剤−2007〜2009世界脳週間の講演より−
脳とこころ、うつ病−2006世界脳週間の講演より−
脳とこころ、うつ病−2006世界脳週間の講演より−
脳は不思議がいっぱい−2006世界脳週間の講演より−
脳は不思議がいっぱい−2006世界脳週間の講演より−

関連書籍を探す

脳科学関連の書籍

ブレインサイエンス・レビュー  2020
ブレインサイエンス・レビュー 2020
ブレインサイエンス・レビュー  2019
ブレインサイエンス・レビュー 2019
ブレインサイエンス・レビュー  2018
ブレインサイエンス・レビュー 2018
食と脳 脳を知る・創る・守る・育む 18
食と脳 脳を知る・創る・守る・育む 18
ブレインサイエンス・レビュー  2017
ブレインサイエンス・レビュー 2017

新刊案内

新刊書籍

ブレインサイエンス・レビュー  2020
ブレインサイエンス・レビュー 2020
官衙・集落と大甕
官衙・集落と大甕
子宮頸部細胞採取の手引き
子宮頸部細胞採取の手引き
アフロ・ユーラシアの考古植物学
アフロ・ユーラシアの考古植物学
ブレインサイエンス・レビュー  2019
ブレインサイエンス・レビュー 2019

PAGE TOP