ホーム > 書籍のご案内 > 見えてきた! 宇宙の謎。生命の謎。脳の謎。
「自然科学研究機構」シリーズ

見えてきた! 宇宙の謎。生命の謎。脳の謎。


詳しい目次を見る
序文を読む
見えてきた! 宇宙の謎。生命の謎。脳の謎。
著者一覧 PDFサンプル 買い物カゴに入れる
人類の究極の謎。それに科学はどこまで迫ったか?
選び抜かれた研究者9人が、わが国の基礎科学の最先端の知見を、豊富な映像をまじえながら語る。
謎はどこまで見えてきたのか。科学は百聞より一見!
判  型A5判並製 定  価2640 円
発 行 日2008.08.10 割引価格2400 円
編 著 者プログラムコーディネーター 立花 隆 ISBN978-4-87805-095-4

書籍サンプル画像
128億光年遠方の銀河(国立天文台すばる望遠鏡撮影)
買い物カゴに入れる
定 価 : 2640 円
割引価格 : 2400 円

目次

自然科学研究機構とは何か 志村 令郎
本日のシンポジウムのコンセプト 立花 隆
見えてきた! 宇宙の謎 宇宙生命の謎 海部 宣男
見えてきた! 生命の謎 生物はどこからきてどこに行くのか 長谷部光泰
〈もう一つの宇宙=脳の神秘が見えてきた〉
脳は不思議がいっぱい 柿木 隆介
フェムト秒レーザーがとらえる脳の秘密 河西 春郎
〈二十一世紀はイメージング・サイエンスの時代〉
総論:科学は見る時代から見えないものを観る時代へ 永山 國昭
蛍光ラベル法でみた生物の発生過程 田中 実
ナノの世界まで光でみえてしまう近接場光学 岡本 裕巳
位相差電子顕微鏡で見えてきた生き物のナノ世界 永山 國昭
ボケもゆらぎもキャンセルしてしまう補償光学 家 正則
イメージング計測が解明した核融合プラズマの謎 長山 好夫
パネルディスカッション 二十一世紀はイメージング・サイエンスの時代
 司会 永山 國昭
 パネリスト 河西 春郎/田中 実/岡本 裕巳/家 正則/長山 好夫
総 括 立花 隆


このシリーズを探す

「自然科学研究機構」のシリーズを探す

宇宙究極の謎−暗黒物質、暗黒エネルギー、暗黒時代−
宇宙究極の謎−暗黒物質、暗黒エネルギー、暗黒時代−
見えてきた! 宇宙の謎。生命の謎。脳の謎。
見えてきた! 宇宙の謎。生命の謎。脳の謎。
解き明かされる脳の不思議−脳科学の未来−
解き明かされる脳の不思議−脳科学の未来−
生物の生存戦略−われわれ地球生物ファミリーはいかにしてここにかくあるのか−
生物の生存戦略−われわれ地球生物ファミリーはいかにしてここにかくあるのか−
宇宙の核融合・地上の核融合
宇宙の核融合・地上の核融合

関連書籍を探す

脳科学関連の書籍

ブレインサイエンス・レビュー  2020
ブレインサイエンス・レビュー 2020
ブレインサイエンス・レビュー  2019
ブレインサイエンス・レビュー 2019
ブレインサイエンス・レビュー  2018
ブレインサイエンス・レビュー 2018
食と脳 脳を知る・創る・守る・育む 18
食と脳 脳を知る・創る・守る・育む 18
ブレインサイエンス・レビュー  2017
ブレインサイエンス・レビュー 2017

新刊案内

新刊書籍

ブレインサイエンス・レビュー  2020
ブレインサイエンス・レビュー 2020
官衙・集落と大甕
官衙・集落と大甕
子宮頸部細胞採取の手引き
子宮頸部細胞採取の手引き
アフロ・ユーラシアの考古植物学
アフロ・ユーラシアの考古植物学
ブレインサイエンス・レビュー  2019
ブレインサイエンス・レビュー 2019

PAGE TOP